一麦ゴスペルチャーチ

記事一覧(24)

2018年8月5日礼拝メッセージ

『疑いと信頼の間で』山下義道伝道師マタイ14:22-33Matt. 14:22   それからすぐ、イエスは弟子たちを強いて舟に乗り込ませて、自分より先に向こう岸へ行かせ、その間に群衆を帰してしまわれた。Matt. 14:23 群衆を帰したあとで、祈るために、ひとりで山に登られた。夕方になったが、まだそこに、ひとりでおられた。Matt. 14:24 しかし、舟は、陸からもう何キロメートルも離れていたが、風が向かい風なので、波に悩まされていた。Matt. 14:25 すると、夜中の三時ごろ、イエスは湖の上を歩いて、彼らのところに行かれた。Matt. 14:26 弟子たちは、イエスが湖の上を歩いておられるのを見て、「あれは幽霊だ」と言って、おびえてしまい、恐ろしさのあまり、叫び声を上げた。Matt. 14:27 しかし、イエスはすぐに彼らに話しかけ、「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない」と言われた。Matt. 14:28 すると、ペテロが答えて言った。「主よ。もし、あなたでしたら、私に、水の上を歩いてここまで来い、とお命じになってください。」Matt. 14:29 イエスは「来なさい」と言われた。そこで、ペテロは舟から出て、水の上を歩いてイエスのほうに行った。Matt. 14:30 ところが、風を見て、こわくなり、沈みかけたので叫び出し、「主よ。助けてください」と言った。Matt. 14:31 そこで、イエスはすぐに手を伸ばして、彼をつかんで言われた。「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか。」Matt. 14:32 そして、ふたりが舟に乗り移ると、風がやんだ。Matt. 14:33 そこで、舟の中にいた者たちは、イエスを拝んで、「確かにあなたは神の子です」と言った。

2018年7月29日礼拝メッセージ

『罪と死からの解放』山下武彦牧師創世記16:1-16Gen. 16:1 アブラムの妻サライは、彼に子どもを産まなかった。彼女にはエジプト人の女奴隷がいて、その名をハガルといった。Gen. 16:2 サライはアブラムに言った。「ご存じのように、【主】は私が子どもを産めないようにしておられます。どうぞ、私の女奴隷のところにお入りください。たぶん彼女によって、私は子どもの母になれるでしょう。」アブラムはサライの言うことを聞き入れた。Gen. 16:3 アブラムの妻サライは、アブラムがカナンの土地に住んでから十年後に、彼女の女奴隷のエジプト人ハガルを連れて来て、夫アブラムに妻として与えた。Gen. 16:4 彼はハガルのところに入った。そして彼女はみごもった。彼女は自分がみごもったのを知って、自分の女主人を見下げるようになった。Gen. 16:5 そこでサライはアブラムに言った。「私に対するこの横柄さは、あなたのせいです。私自身が私の女奴隷をあなたのふところに与えたのですが、彼女は自分がみごもっているのを見て、私を見下げるようになりました。【主】が、私とあなたの間をおさばきになりますように。」Gen. 16:6 アブラムはサライに言った。「ご覧。あなたの女奴隷は、あなたの手の中にある。彼女をあなたの好きなようにしなさい。」それで、サライが彼女をいじめたので、彼女はサライのもとから逃げ去った。Gen. 16:7 【主】の使いは、荒野の泉のほとり、シュルへの道にある泉のほとりで、彼女を見つけ、Gen. 16:8 「サライの女奴隷ハガル。あなたはどこから来て、どこへ行くのか」と尋ねた。彼女は答えた。「私の女主人サライのところから逃げているところです。」Gen. 16:9 そこで、【主】の使いは彼女に言った。「あなたの女主人のもとに帰りなさい。そして、彼女のもとで身を低くしなさい。」Gen. 16:10   また、【主】の使いは彼女に言った。「あなたの子孫は、わたしが大いにふやすので、数えきれないほどになる。」Gen. 16:11 さらに、【主】の使いは彼女に言った。   「見よ。あなたはみごもっている。   男の子を産もうとしている。   その子をイシュマエルと名づけなさい。   【主】があなたの苦しみを聞き入れられたから。Gen. 16:12  彼は野生のろばのような人となり、   その手は、すべての人に逆らい、   すべての人の手も、彼に逆らう。   彼はすべての兄弟に敵対して住もう。」Gen. 16:13 そこで、彼女は自分に語りかけられた【主】の名を「あなたはエル・ロイ」と呼んだ。それは、「ご覧になる方のうしろを私が見て、なおもここにいるとは」と彼女が言ったからである。Gen. 16:14 それゆえ、その井戸は、ベエル・ラハイ・ロイと呼ばれた。それは、カデシュとベレデの間にある。Gen. 16:15   ハガルは、アブラムに男の子を産んだ。アブラムは、ハガルが産んだその男の子をイシュマエルと名づけた。Gen. 16:16 ハガルがアブラムにイシュマエルを産んだとき、アブラムは八十六歳であった。

2018年7月22日礼拝メッセージ

『豊かな食卓で』山下義道伝道師マタイ14:13-21Matt. 14:13   イエスはこのことを聞かれると、舟でそこを去り、自分だけで寂しい所に行かれた。すると、群衆がそれと聞いて、町々から、歩いてイエスのあとを追った。Matt. 14:14 イエスは舟から上がると、多くの群衆を見、彼らを深くあわれんで、彼らの病気をいやされた。Matt. 14:15 夕方になったので、弟子たちはイエスのところに来て言った。「ここは寂しい所ですし、時刻ももう回っています。ですから群衆を解散させてください。そして村に行ってめいめいで食物を買うようにさせてください。」Matt. 14:16 しかし、イエスは言われた。「彼らが出かけて行く必要はありません。あなたがたで、あの人たちに何か食べる物を上げなさい。」Matt. 14:17 しかし、弟子たちはイエスに言った。「ここには、パンが五つと魚が二匹よりほかありません。」Matt. 14:18 すると、イエスは言われた。「それを、ここに持って来なさい。」Matt. 14:19 そしてイエスは、群衆に命じて草の上にすわらせ、五つのパンと二匹の魚を取り、天を見上げて、それらを祝福し、パンを裂いてそれを弟子たちに与えられたので、弟子たちは群衆に配った。Matt. 14:20 人々はみな、食べて満腹した。そして、パン切れの余りを取り集めると、十二のかごにいっぱいあった。Matt. 14:21 食べた者は、女と子どもを除いて、男五千人ほどであった。

2018年7月8日礼拝メッセージ

『罪悪感という色眼鏡』マタイ14:1-12山下義道伝道師Matt. 14:1 そのころ、国主ヘロデは、イエスのうわさを聞いて、Matt. 14:2 侍従たちに言った。「あれはバプテスマのヨハネだ。ヨハネが死人の中からよみがえったのだ。だから、あんな力が彼のうちに働いているのだ。」Matt. 14:3 実は、このヘロデは、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことで、ヨハネを捕らえて縛り、牢に入れたのであった。Matt. 14:4 それは、ヨハネが彼に、「あなたが彼女をめとるのは不法です」と言い張ったからである。Matt. 14:5 ヘロデはヨハネを殺したかったが、群衆を恐れた。というのは、彼らはヨハネを預言者と認めていたからである。Matt. 14:6 たまたまヘロデの誕生祝いがあって、ヘロデヤの娘がみなの前で踊りを踊ってヘロデを喜ばせた。Matt. 14:7 それで、彼は、その娘に、願う物は何でも必ず上げると、誓って堅い約束をした。Matt. 14:8 ところが、娘は母親にそそのかされて、こう言った。「今ここに、バプテスマのヨハネの首を盆に載せて私に下さい。」Matt. 14:9 王は心を痛めたが、自分の誓いもあり、また列席の人々の手前もあって、与えるように命令した。Matt. 14:10 彼は人をやって、牢の中でヨハネの首をはねさせた。Matt. 14:11 そして、その首は盆に載せて運ばれ、少女に与えられたので、少女はそれを母親のところに持って行った。Matt. 14:12 それから、ヨハネの弟子たちがやって来て、死体を引き取って葬った。そして、イエスのところに行って報告した。

2018年7月8日礼拝メッセージ

『罪悪感という色眼鏡』マタイ14:1-12山下義道伝道師Matt. 14:1 そのころ、国主ヘロデは、イエスのうわさを聞いて、Matt. 14:2 侍従たちに言った。「あれはバプテスマのヨハネだ。ヨハネが死人の中からよみがえったのだ。だから、あんな力が彼のうちに働いているのだ。」Matt. 14:3 実は、このヘロデは、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことで、ヨハネを捕らえて縛り、牢に入れたのであった。Matt. 14:4 それは、ヨハネが彼に、「あなたが彼女をめとるのは不法です」と言い張ったからである。Matt. 14:5 ヘロデはヨハネを殺したかったが、群衆を恐れた。というのは、彼らはヨハネを預言者と認めていたからである。Matt. 14:6 たまたまヘロデの誕生祝いがあって、ヘロデヤの娘がみなの前で踊りを踊ってヘロデを喜ばせた。Matt. 14:7 それで、彼は、その娘に、願う物は何でも必ず上げると、誓って堅い約束をした。Matt. 14:8 ところが、娘は母親にそそのかされて、こう言った。「今ここに、バプテスマのヨハネの首を盆に載せて私に下さい。」Matt. 14:9 王は心を痛めたが、自分の誓いもあり、また列席の人々の手前もあって、与えるように命令した。Matt. 14:10 彼は人をやって、牢の中でヨハネの首をはねさせた。Matt. 14:11 そして、その首は盆に載せて運ばれ、少女に与えられたので、少女はそれを母親のところに持って行った。Matt. 14:12 それから、ヨハネの弟子たちがやって来て、死体を引き取って葬った。そして、イエスのところに行って報告した。

2018年6月17日礼拝メッセージ

2018年6月3日礼拝メッセージ

『悪の栄える世で、世から切り離されて』マタイ13:24-43Matt. 13:24   イエスは、また別のたとえを彼らに示して言われた。  「天の御国は、こういう人にたとえることができます。ある人が自分の畑に良い種を蒔いた。Matt. 13:25 ところが、人々の眠っている間に、彼の敵が来て麦の中に毒麦を蒔いて行った。Matt. 13:26 麦が芽ばえ、やがて実ったとき、毒麦も現れた。Matt. 13:27 それで、その家の主人のしもべたちが来て言った。  『ご主人。畑には良い麦を蒔かれたのではありませんか。どうして毒麦が出たのでしょう。』Matt. 13:28 主人は言った。『敵のやったことです。』すると、しもべたちは言った。『では、私たちが行ってそれを抜き集めましょうか。』Matt. 13:29 だが、主人は言った。『いやいや。毒麦を抜き集めるうちに、麦もいっしょに抜き取るかもしれない。Matt. 13:30 だから、収穫まで、両方とも育つままにしておきなさい。収穫の時期になったら、私は刈る人たちに、まず、毒麦を集め、焼くために束にしなさい。麦のほうは、集めて私の倉に納めなさい、と言いましょう。』」Matt. 13:31   イエスは、また別のたとえを彼らに示して言われた。「天の御国は、からし種のようなものです。それを取って、畑に蒔くと、Matt. 13:32 どんな種よりも小さいのですが、生長すると、どの野菜よりも大きくなり、空の鳥が来て、その枝に巣を作るほどの木になります。」Matt. 13:33   イエスは、また別のたとえを話された。「天の御国は、パン種のようなものです。女が、パン種を取って、三サトンの粉の中に入れると、全体がふくらんで来ます。」Matt. 13:34   イエスは、これらのことをみな、たとえで群衆に話され、たとえを使わずには何もお話しにならなかった。Matt. 13:35 それは、預言者を通して言われた事が成就するためであった。   「わたしはたとえ話をもって口を開き、   世の初めから隠されていることどもを物語ろう。」Matt. 13:36   それから、イエスは群衆と別れて家に入られた。すると、弟子たちがみもとに来て、「畑の毒麦のたとえを説明してください」と言った。Matt. 13:37 イエスは答えてこう言われた。「良い種を蒔く者は人の子です。Matt. 13:38 畑はこの世界のことで、良い種とは御国の子どもたち、毒麦とは悪い者の子どもたちのことです。Matt. 13:39 毒麦を蒔いた敵は悪魔であり、収穫とはこの世の終わりのことです。そして、刈り手とは御使いたちのことです。Matt. 13:40 ですから、毒麦が集められて火で焼かれるように、この世の終わりにもそのようになります。Matt. 13:41 人の子はその御使いたちを遣わします。彼らは、つまずきを与える者や不法を行う者たちをみな、御国から取り集めて、Matt. 13:42 火の燃える炉に投げ込みます。彼らはそこで泣いて歯ぎしりするのです。Matt. 13:43 そのとき、正しい者たちは、彼らの父の御国で太陽のように輝きます。耳のある者は聞きなさい。

2018年5月27日礼拝メッセージ

『バベルの塔と世の終わり』創世記11:1-9Gen. 11:1 さて、全地は一つのことば、一つの話しことばであった。Gen. 11:2 そのころ、人々は東のほうから移動して来て、シヌアルの地に平地を見つけ、そこに定住した。Gen. 11:3 彼らは互いに言った。「さあ、れんがを作ってよく焼こう。」彼らは石の代わりにれんがを用い、粘土の代わりに瀝青を用いた。Gen. 11:4 そのうちに彼らは言うようになった。「さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名をあげよう。われわれが全地に散らされるといけないから。」Gen. 11:5 そのとき【主】は人間の建てた町と塔をご覧になるために降りて来られた。Gen. 11:6 【主】は仰せになった。「彼らがみな、一つの民、一つのことばで、このようなことをし始めたのなら、今や彼らがしようと思うことで、とどめられることはない。Gen. 11:7 さあ、降りて行って、そこでの彼らのことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう。」Gen. 11:8 こうして【主】は人々を、そこから地の全面に散らされたので、彼らはその町を建てるのをやめた。Gen. 11:9 それゆえ、その町の名はバベルと呼ばれた。【主】が全地のことばをそこで混乱させたから、すなわち、【主】が人々をそこから地の全面に散らしたからである。黙示録13:5-8Rev. 13:5 この獣は、傲慢なことを言い、けがしごとを言う口を与えられ、四十二か月間活動する権威を与えられた。Rev. 13:6 そこで、彼はその口を開いて、神に対するけがしごとを言い始めた。すなわち、神の御名と、その幕屋、すなわち、天に住む者たちをののしった。Rev. 13:7 彼はまた聖徒たちに戦いをいどんで打ち勝つことが許され、また、あらゆる部族、民族、国語、国民を支配する権威を与えられた。Rev. 13:8 地に住む者で、ほふられた小羊のいのちの書に、世の初めからその名の書きしるされていない者はみな、彼を拝むようになる。